FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

53句目・「座敷わらし」で一句。【下手イラスト手書き絵俳句ブログ】

CATEGORY



秋の里座敷童は独りきり


≪解説≫
秘密めいた渓流や沼、小鳥や小動物の姿が多く、木の実がとれる裏山など、この村には子供にとってちょうどよく、魅力的な遊び場が多かった。


夕焼けや星空が美しかった。


けれど土地が痩せていて、子供時代は短く、ちょっと育てばすぐに働きに出なければならず、あるいは嫁がねばならない。


だから座敷童が、早めに大人になった子どもの代わりに村で遊んでいた。


やがて村の子供の数が減り、最近ではもう数十年も赤子の姿を見ない。


最後の座敷童は、秋の野でひとり遊びを続けている。



 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


迷子です。


こんばんは。


2014年9月につくった俳句でした。


まー、≪解説≫のようなところまで考えたわけではないんですが、だいたいこんな想いをを込めました。


とな。


最近、ベンチプレス(バーベルを上げる筋トレ)を再開し、胸まわりが厚くなり、しっかりタンパク質もとらねば、と食べる量が増え、残念ながら腹まわりも厚くなり、なんだか山賊的な? 悪役中年山賊的な?体型になった、そんなオヤジのファンタジー俳句でした。


迷子


☆ ☆ ☆

つづきへ・・・→くりっ句!
※明日、または明後日かしあさってに更新します!

前に戻る・・・→ばっ句!

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply