FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

ほぼ週刊『今日の暦』と『自転車でぶらり』 2018/7/31(秋、7.6%!)

CATEGORY未分類
こんばんは。ちょっと間が空きましたが、


『今日の暦(こよみ)』をお送りします。


迷子です。


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


きょう平成30年8月19日は、旧暦で7月9日。

秋、7.6%。まだまだはじまったばかり。

二十四節気では「立秋」の13日目です。


あと6日、旧暦7月15日となりますと、満月。


これが、「盆の月」と呼ばれます。


俳句歳時記より。


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


さらに一か月後は、「仲秋の名月」と呼ばれる満月となり、月見で一杯、ですが盆の月はその前夜祭? 雰囲気あっていいですよねぇ。


ぜひ見なければ。今週土曜、8月25日です。


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


先週は植物園に行き、「初秋感」を無理やり味わおうとしましたが、蚊に刺され、蒸し暑さに襲われ、夕立をくらい、


「まだ夏じゃん。もう来ねぇよ!」



と撤退を余儀なくされましたが、その後、ちょっと涼しくなり、空も雰囲気が変わりました。


鰯雲未満


秋の季語「鰯雲」(いわしぐも)までいかない「鰯未満雲」、ちょっと柔らかい秋雲な感じになってきました。


きょう日曜日は、僕の好きな「石神井川」下流を自転車でぶらりと回りました。


まずは河口から。


石神井川は、神田川と並ぶ東京の主要インフラの上水道。


だいぶ西部から東へ東へ流れ、隅田川に注ぎ込みます。


その、合流点です。


石神井川河口


鴨がいます。季語では「鴨来る」


まわりはちょっとさびれていて砕石場があったり、コンクリートが古びたいかにも団地という団地があったり、子供も遊んでいて、味わいのあるいい雰囲気です。


堀船神社



こんな雰囲気の神社も、いい意味で東京っぽくなくて不思議な空間です。


盆踊り準備


盆踊りの準備。


「盆踊り」も当然、秋の季語です。


まぁ、俳句メモはいっぱい残り、俳句はできなかったけれど、いい「インプット」ができましたなぁ。


若干ジョギングして銭湯いって立ち飲み屋いって、『西郷どん』の前にブログを書く。





いい休日でございました。


『西郷どん』はじまったので、今宵はここらでよかろかい。




迷子

☆ ☆ ☆

つづきへ・・・→くりっ句!
※明日、または明後日更新します!

前に戻る・・・→ばっ句!

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply