FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

43句目・「星涼し」問題:この句の意味は?【下手イラスト手書き絵俳句ブログ】

CATEGORY
え~~、迷子で~ございます。

先週、「バンデラス」の俳句をつくってアップしましたが、こういう、おふざけ風味の句のあとは、まじめな句もつくりたくなるものです。

最近の俳句で、割とまじめなほうのやつ、探してみました。


ありませんでした。




ということで、いつもの調子で、2014年につくった、調子っぱずれの俳句をお送りいたします。






星涼しトロイの木馬忍び入る




 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



今回の上の句は、「どんな意味なのか」、説明せねばならないと思っております。

説明責任ですね。

なんだか、意味不明で意味がありそうなもの(俳句)をひとに見せて、それをもったいぶって説明しないのは失礼だなぁと思うのです。



いったんきょうは上の句をアップして、気持ちを落ち着け、明日また解説、というかこんな句を作ったわけをお話したいと、こう思うわけであります。



とりあえず、季語は「星涼し」(ほしすずし)です。

「夏の星」の仲間の季語です。

暑い夜でも、見上げる晴れた空に一面の星を観ることもあります。

郊外とか、避暑地とか。

星はくっきりと光り、涼しげじゃ~、という気持ちが込められてます。


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「あー、はいはい、こういうこと、いいたいんでしょ」というカンのいい方もおられるでしょうが、

ひとまず、また、明日!


迷子。



☆ ☆ ☆

>つづきへ・・・→くりっ句!
更新されていないときは、しばらくお待ちください。m( )m

>前に戻る・・・→ばっ句!


>1句目から読む→1句目へ!

>20句目から読む→20句目へ!

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply