FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

最近の季語・ビーチパラソルなど

CATEGORY最近の季語
季語

最近の季語、「朝凪」、「夕凪」

「凪」(なぎ)は、風が止んでいる状態。

風は一年中吹いたり止んだりしている。はたして凪に季節感があるのか。

陸地と海の気温差により、昼と夜とで海から陸、陸から海の風の流れが逆方向に変わり、一瞬、風が止んだ夜明け、または夕暮れを「朝凪」「夕凪」というのだそうです。

夏は、その「風の止み」で一瞬、「アッツゥ・・・」となり、凪を実感するのでしょうか。

いずれにしても、風を意識するのは、外で釣りやスポーツをしているとき、または建設・土木作業をしているとき、農家でハウスを建てているときなどでしょうか。

デスクワークをしていると、なかなか朝凪・夕凪の時間に外に出られなかったりしますが、昨日は、退社後、「今かな?」という風の止みを感じました。

今年はチャンスがあれば、凪をキャッチして、「アッツウ・・・」と思いたい!!


最近の季語、浜日傘

ビーチパラソルのことです。

「砂日傘」がメインの季語、そのサブ季語が「浜日傘」(はまひがさ)という位置づけ。

俳句に使いやすい季語です・・・というのは、五文字だから(上下のどちらかに入れやすい)。

また「ビーチパラソル」とすると7文字なので、これもまぁ、使いやすい。

あと、なんとなくいわずして海水浴や水着の雰囲気が漂う。

とはいえ、最後に浜日傘を見たのはいつだったか・・・今年は泳がないけれど、海水浴場に俳句ひねりにでも行くか。

不審者と思われないくらいの距離をとりながら。



最近の季語、鬼灯

ホオズキ。

正確には「青鬼灯」が夏の季語で、「鬼灯」は初秋の季語。

昨日、路地で見かけた青鬼灯は「青」とはいいながら、透き通る薄緑で、涼しげでした。

一昨日、行きそびれたけど、近所のお寺では鬼灯市をやってました。

鬼灯市は浅草が有名ですかね。

お盆に飾るものの中でも、独立している印象です。

スーパーで鉢植えが売られていたり、季節を感じるために買う人が多い、七月になったら鬼灯を買う、という習慣はまだまだ、残っているんだのう、と思いますのう。


以上でおま!


ではまた明日!


☆ ☆ ☆

つづきへ・・・→くりっ句!
※次回は明日金曜アップ予定です。

前に戻る・・・→ばっ句!




COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply