FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

あ・・・ありのまま、今起こったことを俳句にするぜ・・・【下手イラスト手書き絵俳句(28句目)】

CATEGORY未分類
おはようございます!

迷子ですよ。

いまのTV視聴環境、ハードディスクレコーダーなどなく、テレビ本体に録画する方式で番組予約・視聴をしています。

容量が少ないため、日々録画を減らすことが重要な任務です

まあ・・・HDDレコーダーがあったとしてもたぶん、観たい番組が増えれば、同じことになりそうですが・・・。

そして、このテレビは一緒に住んでいる彼女のものであるため日々、わたくし迷子は、彼女が録画したものを受動的に観ており、二人が観終わったものは消すように言い渡されているのであります。

常に記録残量がないため、毎週観たいと思う番組がはじまったときは、その旨を訴え、決裁を待つという申請方式での録画予約を行っております。

まぁ、一人暮らし時代、まったくテレビがなかったこともあったし、なきゃないでいいんですけどね。


 ◇ ◇ ◇ ◇


先週、上記のテレビで、ずっと消化(視聴)されることなく残っている録画ゾーンをなんとなく見ておりましたら、「カルテット・最終回」というのがあるじゃありませんか。

日付は2017年3月。

「消したくないが、観るヒマはない」

そんな番組だったようです。

ぼくは一回最後まで観たけれど、もっかい観てみました。さすがに1年以上経つと新鮮で、「いいなぁ・・・」と改めて思ったのです。


 ◇ ◇ ◇ ◇


『カルテット』。

観ていた方、憶えてますか? 最終回。

アマチュアの弦楽器隊が大舞台のコンサートで演奏する前、誹謗中傷の手紙をもらいます。

「なんであなた方は、ど下手クソなのに、音楽を続けられるんですか?」と。

そんな意見に反論することなく、コンサートを終え、夕食で唐揚げを食べます。

そんとき、神経質担当の高橋一生が他のメンバーに、「からあげに添えられているパセリを大事にしていこう」と訴える・・・・・・・そうか、ど下手なアマチュアの音楽やアートは、パセリみたいなもの、なければ寂しい、だから、感謝してね、ということか、と思いました。

このドラマのテーマのひとつが、このパセリか、とひらめいたのです。

いまさらながら。

きょうは、1年3か月前に終わったドラマについて、思ったことを、書きました。


  ◇ ◇ ◇ ◇


という前置きとは一切関係なく、きょうの絵俳句です。↓












ワンピースボーダーミニのおじさんだ




先々月見た風景を俳句にし、先月句会に出しました。

思い返せば去年、大塚駅ちかくで、「おそらく丈の長いTシャツしか着ていないであろうおじさんが、風呂桶を抱えて銭湯に向かっている」という景を見ておどろきました。

先々月は秋葉でボーダーミニのおじさんを見たので、見たまま、俳句にしました。

拝啓母上、東京は怖ろしい所です。



女装したいとは思わないけれど、その勇気、いさぎよさ、(おそらく感じているであろう)解放感など、ワンピースやTシャツだけで外を歩くおじさんたちに、少しうらやましさと夏を感じました。

そんな、想いを込めました。




以上でございます。


☆ ☆ ☆

つづきへ・・・→くりっ句!

※次回は明日、またまた近況(今週あったことなど)をアップ予定です。
前に戻る・・・→ばっ句!





COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply