FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

下手イラストで絵俳句(2句目)【花衣】(はなごろも)

CATEGORY未分類
ぎぼし


去年の春、東京で作った俳句です。

「花衣」は「はなごろも」、
「擬宝珠」は「ぎぼし」と読みます。

橋の欄干、
RA★N★KA★N
の上に立っている、あの
GI★BO★SHI★!

です!

GI★BO★SHI★!


季語【花衣】(はなごろも)

春の季語、「花見のために女性が装う、晴れ着」と、歳時記にあります。
江戸時代から、その前からかも、花見とすごく関係の深いことばだったのですねぇ。

今の時代、そりゃ男だって着飾るやつはいるけれど、
花衣ときけば、女性のイメージですなぁ…。

最近は、花見をしている人を眺めながら静かに飲む「花見見(ひとり花見)」をたのしんでいます。
今年もいい乱れっぷりが多かった。ハラハラしながらも、それでいい!
花衣の女子が擬宝珠さすってたっていいじゃない★



hiyoko100
「どうも、前回の絵俳句に登場した「ひよこ」です。当ブログのゆるキャラ第一号ですYO!」


おれ100

迷子「次回は、ゆるキャラ第二号として、上で描いた「擬宝珠」を流用してぎぼしちゃんの登場予定です。」

hiyoko100
「なんか、すでにブログの方向性が迷子だYO!」


3句目へ→句りっく!

前に戻る・・・→ばっ句!

COMMENTS

4 Comments

There are no comments yet.

さの  

小ライスゆるおじさんは著者近影だったんですか…実物はもっと締まっててかっこいい気がしますが、、、笑

2018/04/29 (Sun) 17:42 | EDIT | REPLY |   

あゆ〜ら  

花衣ふうふう擬宝珠吹いて拭く

花衣に擬宝珠持ってくるんですのねえ、バク転するかと思うくらい驚きました。

迷子さんの句は、思い出させるんです、この本。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A2%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8A%E6%96%B9

2018/04/30 (Mon) 11:38 | EDIT | REPLY |   

迷子  

Re: タイトルなし

さのさんありがとう。誇張して似顔絵かいたらぶさ面白くて気に入っています^^

2018/04/30 (Mon) 14:55 | EDIT | REPLY |   

迷子  

Re: タイトルなし

あゆ~らさん、褒めすぎてもらってありがとうございます!

2018/04/30 (Mon) 14:59 | EDIT | REPLY |   

REPLY

Leave a reply