FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

23句目・「夏と姉」【ヘタイラスト手書き絵俳句】

CATEGORY




おはようございまーす!

迷子です!

いい雨! 朝からいい雨が降っております。

梅雨ですなぁ。嬉しい。げろげーろ。


 * * *

突然ですが、寝る前に私、迷子の好きな映画ベスト3を久しぶりに再確認してみたところ、

1位 ジュラシックパーク
2位 イージー・ライダー
3位 インタステラ―


となっておりました。

SF好きです。

5作目となる『ジュラシックワールド 炎の王国』7月公開、もう楽しみで仕方がない。

 * * *

映画と比べても、また、その他ドラマや漫画などと比べても、俳句というのは刺激が少なく、薄味の表現方法なのかなぁ、と最近思います。

絵や、ひょっとすると川柳より薄味かもしれません。

その分、素人がつくって競う(句会)ことができ、それが面白さであったりするのかもしれません。

薄味だけど、前とは違う味をつくりたい、少しでもうまみ成分のあるものを作りたいという気持ちはありますねぇ。




しみじみ。。。。


それでは今週はこの絵俳句からスタートいたします。↓
















姉さんのホットパンツが大人びる
(クリックで拡大)




弟はまだまだ子供で、「すごいパンチ」を発見してよろこんだりしていますが(←先週の俳句)、姉さんは少し大人びてきたようです。


という、「姉がいたらこう思ったんじゃないか」句でした!


20180425_hiyoko_100_ikari.jpg
「また妄想句かよ!」






以上です。


つづきを・・・→くりっ句!

※次回は6月12日(火)アップ予定です。
前に戻る・・・→ばっ句!


COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply