FC2ブログ

「落書きと俳句」で「絵俳句」? 自作の俳句をご紹介。「迷子」は俳号(俳句のペンネーム)で「まいご」と読みます。俳句の面白いとこだけやってます。ボクシングに対してのボクササイズみたいな、俳句エクササイズ。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句を目指す!

【157句目《黒板俳句》(仲間の句/5句目】「冬霞」と「恋の罪」で一句!

CATEGORY未分類
冬霞肌にまとひて恋の罪

冬霞肌にまとひて恋の罪


《味わいどころ》

先月、二月の句会で選んだ、メンバーの句です。

「霞」、かすみは春の季語。

遠景がうらうらとかすんでみえる、暖かくて水蒸気がゆらめいている、

ぼんやりとした、あたたかさ。視覚と触覚で感じます。



暖かい冬の日、ちょっと春の霞っぽいなぁと思う、それが「冬霞」。

ちょうど句会の一週間ほど前に、自転車でぶらぶらしているときに、

ビル街のまっすぐな道の向こうがちょうどそんな感じだったので、

この句の「冬霞」をみて、ぱっとイメージできました。

二月で、昼間でも気温は10度はいってなかったけど少し春っぽかった。


肌にまとう冬霞は、あたたかいようで、春のようだけど、まだまだ冷たい。

恋の罪を背負ってしまったけれど、心にあたたかさはない。

恋愛感情は満たされず、ただ罪と寒さだけが残っているのです。



迷子

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply