FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

139句目【銀杏(いちょう)の葉で一句!】

CATEGORY
銀杏散る今日はあの人と寝よう


《俳句の解説》

銀杏散る今日はあの人と寝よう





うちの(実家の)猫の話です。

去年つくりました。

父母二人の家にたまに帰省すると、夜、寝床にやってくる猫。

毎日ではなく、なんとなくのルールがあるのか、ただの気まぐれか。

父、母、ぼく、のいずれかを選んで布団に入っていく。

そんな気ままさ、ひらひらと舞い散るいちょうの葉、

から、一句つくりました。




撮影場所は「天文館」、鹿児島の「コーナーポケット」というバーです。

とてもいい店です。

10年以上かよっているので、なにもいわずに黒板俳句をとらせていただきました。

ありがとうございます!




迷子

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply