FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

129句目!【更地(さらち)で一句よむ】

CATEGORY
20191011123450bd7.jpeg



二十四節気は「秋」の5番目、「寒露」の4日目。

晩秋のはじまりですな。



【俳句の解説】

お店も会社も、そして実家も、住んでるアパートやマンションも、いつかは更地になるのです。

誰かが経営に失敗したから、とか相続で揉めて、とか、誰かのせいにしがちですが、100年とか200年とか長い目で見れば、たいていの土地や建物は、いろんな人が買っては手放し、そのたびにリセットされるものなのか?


なんて、秋の風が心に無常感。

意図せぬリセット、後悔するよりぜんぶ秋風のせいにしてしまえいっ。



迷子

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply