FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

PCに寿命きて、借りてるmac、慣れぬwindowsユーザーとしてブログをかいている(慣れぬ・・・)

CATEGORY
おはようございます。

震災の年からがんばってくれた、ぼくのNECデスクトップパソコン、だましだまし使ってきて、

不必要なアプリケーションを削除し、夏は扇風機をあて、しょっちゅうデフラグし、

表示方法を「XP風」にしたり、なかなか、私もがんばったし、パソコンくんもがんばってきた。

けれど、

もうだめっす・・・。

きゅうに、起動時間が10分を超え、画像をいじればちょいちょい固まり、

もうだめか・・・

「パソコン買い替えないとなぁ・・・」っていうと彼女様が、使ってないノートPCを貸してやると、

おっしゃってくれたのですがこれがまたMacBookっていう展開。





慣れませぬ。

小さい「ぁ」は「la」でなく「xa」なんですなぁ・・・。ぁあぁぁぁxxあl。



ま、気をとりなおし、「七夕」です。






20190710.jpg


土曜日、近所で「七夕まつり」に遊びにいきました。

7月6、7日に屋台が出て、笹が飾られ、たこみたいなあの飾りが梅雨空の下、風に吹かれてました。

うーむ。

毎年思うんですが、俳句やってると、「七夕って歳時記では秋の季語なんだが・・・」

という違和感。

ところが、まぁ、いろいろ調べてみると、

もともと中国の(おそらく仏教でない)行事が日本に奈良時代に伝わってきて、

日本の(神事か、もっと昔の)行事とまざって、

やがて仏教の「お盆」とまざって、

なんだかんだ、地域によって旧暦だったり新暦だったりになったようです。





・・・もやもやする!


もやもやするけれど、やがて確実に、旧暦のほうが少なくなっていくんでないかなぁ・・・。



ま、笹の葉に願い短冊を吊るしたのを見るのはたのしい。

今年のいちばんぐっときた短冊は、



「腰の痛みが治りますように。

あと孫の健康」



これ。

切実。

この行事が奈良時代から1000年以上続いているわけですからねぇ・・・・、今後1000年以上、続きますように!




迷子

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply