FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

123句目「ラッコでイック」【写真俳句ブログ】

CATEGORY
なんだかことしは「梅雨の晴れ間」が多いのう・・・。

と思っていたらきょう、会社に行く途中、

「アスファルトの路面から熱気と湿気がじわりじわりと昇ってくる」

という感覚が。

蒸し暑い・・・。

積極的に水を飲まねば。




と、本格的な梅雨の暑さがやってきたなぁ、と実感。




夏の星らっこの夢の森の奥



≪俳句の解説≫

「らっこ」は歳時記に載って・・・るかな? ないよね。さすがににね。



「夏の星」が季語です。

夏の星の下、海面にただようラッコの夢の中にも夏の星。

イタチ科で、カワウソの仲間で、かつては陸上で生活してた。

ひょっとしたら夢の中に、祖先が暮らしていた森の風景が現れたらいいなぁ。

という想いを込めました。





迷子

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply