FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

115句目・「野良」で一句!【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

CATEGORY
花の風懐いちゃいるが野良は野良


お互い細身のカップルだった。


男性側は、彼女を落さないよう、後ろ側に身体を起こさなければならない。

後ろに反るように、背筋を使う。


コンビニに入るときに見かけて、買い物をして出てきたときもそのままのかっこうだった。


上腕二頭筋、力こぶの筋肉も使う。

腹筋も、下半身も、体幹全体を鍛えるには、たいへんよい姿勢だ。


と思った。



≪俳句の解説≫

うちの実家で飼っている黒猫は、野良出身である。

推定一歳のころ、ふらりとうちにやってきた。

やせていて、おそらく一年くらい、あまり栄養状態はよくなかったようだ。

にゃぁと鳴かず、「あ!」と小声でなにかをうったえていた。



が、10年ほどたって、徐々に「なー」と長めに鳴くようになった。

ほうきで体をかくとよろこぶが、手で体を触られるのはいやがる。

人間のひざの上に乗るようになったのは、うちに来てから15年後くらいだったろうか。

いま20歳。

だんだん甘える回数が増えてきたものの、一日中庭にいて帰って来ないこともある。

その野良イズムがいいなぁ、と常日頃思っていたので、こんな句が出てきたのかもしれない。


迷子




COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply