FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

114句目・「接吻」で一句!【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

CATEGORY
接吻を乗せ晩春の昇降機


ああ気がつけば春も後半に・・・・!

なんて、

季節の終わりに毎回、ゆってますけれども、

迷子です。


まぁ、二十四節気も「清明」、植物や生き物、風景が明るく新鮮、的な意味らしいです。

「小寒」「大寒」なんかとくらべりゃぁ、なかなかフレッシュでええのう。





≪俳句の解説≫

4年前につくりました。



「昇降機」…エレベーターです。

「接吻」…キスです。

「晩春」…春の終わりです。




以上を、ふつうにいえばいいのに古いいい方のほうを採用。



すると「ばんしゅん」という少し重い響きのおかげか、なにやら意味ありげな雰囲気になった。

そんな俳句です。




内容は、

「エレベーターでチューしたよ、春だねぇ」

くらいの驚きの薄さ。

ぺらっぺら。


しかし


接吻を乗せ晩春の昇降機


…重々しいのである。



迷子

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply