FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

113句目・「浮気調査」で一句!【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

CATEGORY
IMG_2040.png


新しい元号、「『平成』のときほど違和感ないな」と思ったのですが、実際に書いてみると、

「ん? 『命令』の『令』でいいんか?」

「まんなかのちょん「、」は、ちょん「、」でいいのか、横一直線か?」

など、なんだか慣れない感じに戸惑いました。



 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

上の写真のように、この漢字を、れいわれいわれいわ・・・と頭の中で発声しながらかいていると、

ヨーデルか!


と、しばらく裏声の男声ヨーデルが、頭から離れなくなります。

ご注意を!



≪俳句の解説≫

去年のいまごろ、荒川土手で浮かんできた俳句です。

なんか、散歩してる人が探偵にみえ、

ふと、

(犬を連れてるほうが、尾行や身辺調査がばれにくい、という場合もあるかもしれない・・・)

と思ったのです。



句会に出したら意外にも、「浮気調査というのは『ごっこ遊び』的な意味でとりました。夫(妻)の日常をふと犬の散歩がてら眺めにいった、少しほのぼのした風景が浮かびました。」


って感想をもらっておどろきながら、そういう情景もいいなぁと思いました。

「春堤」(はるづつみ=春の土手)の季語のもつどかさが、そういう印象を生んだのかもしれませんなぁ…。

うららうらら。


迷子




COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply