FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

季語いろいろ【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

CATEGORY
穴出る系


「熊穴」を出る、ではなく、

「熊が」、穴を出る。

という意味です。

まー、俳句では一度も使ったことない・・・かな・・・・?


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

冬眠が明けて、熊が穴をでる季節・・・って本当に、冬眠明けの熊を見て俳句作ったひといるのかな?

春の山に来てみたら、いかにもクマがいそう。

そんな気配をいう季語でしょうか。



暖かさとともに訪れる、いろんな生き物でにぎわう季節の予感、そんな感じなんでしょうかねぇ。

そう思うと、自分の心のなかにもあれやこれ、冬とは違う、新しいなにかが生まれてきている、なにか本能からの指令が届いている・・・。


そう考えると、ちょっと理屈っぽくなりそうですが、俳句作れそうだなぁ。



二十四節気の「啓蟄」は、主に虫やカエルが地下から地上に現れるってな季節ですが、そんな時期、熊も蛇もトカゲも地虫(かぶとむしの幼虫など)も、穴から出て来てるぞ、ぞろぞろ。

これから春のまっただなかへ、そして夏へ、にぎやかな(そしてうっとうしいときもある)、生物に囲まれた生活がはじまるのだなぁ、と思います。



迷子

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply