FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

雪ふった。春。

CATEGORY
雪

土曜日、天気予報のとおり、雪。

目が覚めておおー、雪だ、と、小走りで近所の公園へいって撮影。

ハトが二匹、たわむれていた。つがいだろうか。

ランナーが合羽・・・ではなくレインウエアを来て走っていた。

毎週きまった曜日の時間に走る人で、雪でも走るスタイルなんだろうか。

公園の中の小さな滝がいつもより水量があって、勢いよく流れている。

10分ほどでビニール傘に雪が積もって真っ白になった。

うーむ。満喫、春の雪。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

季語としてはほかにも、

 淡雪(あわゆき。すぐに溶けて消えるから)
 雪の果
 名残の雪

などがありもす。

名残雪は仲春、3月くらいの季語なので、あの有名な『名残雪』は、言わずして3月の卒業や年度末の別れのシーズンをイメージさせるんだなぁ。

「東京で見る雪はこれが最後ね」とさみしそうに君がつぶやく

うーむ。

いい歌詞である。


迷子

☆ ☆ ☆

>つづきへ・・・→くりっ句!
(更新してないときは、1日~3日待っておくんなまし)

>前に戻る・・・→ばっ句!


>1句目から読む→1句目へ!

>20句目から読む→20句目へ!




COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply