FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

10句目・「涼しげな金魚鉢」で一句【下手イラスト絵俳句】

CATEGORY未分類
迷子でっす。

関東地方は長雨が続いてますねぇ。

日ごとに気温が高くなってきて、そのせいでわりと強めにだらだらと、夏の雨らしくなってきました。


さていつのまにやら10句目、今回の絵俳句は・・・・↓




20180513kingyo_ehaiku.jpg


(クリックで拡大しやす)

季語【金魚】

江戸時代より前、16世紀に中国から伝わったとされています。
金魚そのものとともに、オス・メスを交配させて、いろんな品種を増やす技術も伝わりました。
季語としては「金魚すくい」や「出目金」、「らんちゅう」なんかも俳句に使うと面白い。

金魚鉢は毎週土曜日の午前中に洗うのが、ヤスオの習慣であった。
今年40歳、わざわざ探して見つけた、築五十年を超えた木造アパートの二階に三年前から住んでいる。

錆びた階段を下りると大家の部屋の前に外水道があり、しゃがみこんで、ゴムがゆるんだ短パンからぬっとはみ出た尻が表の路地から丸見えだ。
いつも、大家は窓から微笑ましさと心配の混ざった表情でそれを見ていて、バケツに移された金魚を近所の太った野良猫が細い目で見ており

20180425_hiyoko_100_ikari.jpg

「はい、ストッーープ!! なにそれ妄想?現実? ヤスオってだれ?!」

おれ100

「・・・・といったイメージが突然浮かんできた3年前の五月に、つくった俳句でした。」



つづきを・・・→くりっ句!

前に戻る・・・→ばっ句!


COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply