FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

89句目・「十二月」で一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

CATEGORY
十二月無いものばかり数えてる

こちらは自転車で車道の左はしを走り、あちらはバス停に並んでいるという状況、ほんの一瞬でしたが、はっきりとこちらを見て、少し歩み寄り、満面の笑みで、

「クリスマスプレゼントーー!」

といわれたのでした。

その一瞬で、バス停に並ぶ他の人たちが固まって、

(お! 大変なことになった・・・)

と驚いている空気も伝わったのでした。


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


どういう意味かといえば、次の2点が考えられます。

1)こちらにクリスマスプレゼントを求めた。
 (会ったことも、これから会うこともない人ですが)

2)こちらにクリスマスプレゼントを渡した。
 (手にはなにも持っていないが)

意外と2)なのかもしれない。

そして、運気が上がるなにかをもらったのかもしれない。




と、思うことにした。




≪俳句の解説≫

8年前の12月につくりました。

高校の同級生の愚痴をききながら・・・。

離婚だったか会社をクビになったか、そんな話だったと思う。

そいつが運転中、こちらは助手席という状況だったか。

もっと前向きになれよ・・・

と思いながら、(あ、いまの話しで一句浮かんだ!)

と急いで携帯にメモったような。

いまとなっては、俳句のネタになってくれてありがとう。

と思う。


迷子



☆ ☆ ☆

>つづきへ・・・→くりっ句!
(更新してないときは、1日~3日お待ちください)

>前に戻る・・・→ばっ句!


>1句目から読む→1句目へ!

>20句目から読む→20句目へ!

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply