FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

88句目・おじさんが一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

CATEGORY
さ~むいねもうどっか店入りましょう


≪俳句の解説≫

JR駅近く、午後8時ごろ、居酒屋やスナックが立ち並ぶ一角で、すれちがったおじさんグループから聞こえてきたことば。

なんだろう、店を探しているうちに、寒くなってしまったのか、仕事帰りにおしゃべりしてだらだら歩いてたらきゅうに寒くなって、いつもの「お疲れ様会」をしよう、って誘いなのか。

地声がでかくて、おじさんらしい。

この季節にしか聞かないことばだなぁ、俳句にしようかなぁ、と思ったらもうほぼ五・七・五だった。



いい拾いものをした。



季語は「寒し」である。



迷子


☆ ☆ ☆

>つづきへ・・・→くりっ句!
(更新してないときは、1日~3日お待ちください)

>前に戻る・・・→ばっ句!


>1句目から読む→1句目へ!

>20句目から読む→20句目へ!

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply