FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

72句目・秋の蝶で一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

CATEGORY昆虫と四季
赤い糸幾本下げて秋の蝶


≪俳句の解説≫

恋多きオトシゴロのころ、秋の蝶が、短い赤い糸をぶら下げてやや弱々しく飛んでいる、という景を描きました。

まるで自分のようだと。

そんな自己陶酔な句をネットにアップするのはほんとに恥ずかちい。


迷子


☆ ☆ ☆

>つづきへ・・・→くりっ句!
(更新してないときは、1、2日お待ちください)

>前に戻る・・・→ばっ句!

>1句目から読む→1句目へ!

>20句目から読む→20句目へ!

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply