FC2ブログ

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

69句目・ゾンビで一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

CATEGORY
虫時雨荒川遊園オブ・ザ・デッド

≪解説≫

「虫時雨」は「むししぐれ」、秋の虫がリーリーコロコロ鳴いている最盛期のイメージの季語です。

夏の「蝉時雨」と似ている、昆虫の大合唱。



毎月参加している句会は、いわゆる「投票システム」により「みなが選んだ句」「選ばなかった句」が明らかになります。

毎回、できるだけ「選ばれる句」をつくって句会に出したいとは思うのだけれど、ときどき「どうしてもふざけたい」「ふざけた句を出したい」という衝動に駆られます。

ときどき、ではなく、しょっちゅう。

それはなんでなんだろう・・・。

ちょっと、緊張がほぐれるというか、ラクになるんですよね~。

自分の中にたまって腐敗をはじめた「承認欲求」のガス抜きしてくれるような・・・。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

5句出すので、1句くらいならふざけていいだろう。いや、そうなったら2句でもいいだろう。ならばいっそ・・・と、

ふざけに汚染された先月の出句(しゅっく)、中でも上の「虫時雨・・・」はひどい。

こいはひどか~。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「コオロギなど秋の虫が鳴く『荒川遊園』(荒川区の小さな遊園地)で、ゾンビ大量発生の件」というテーマ。

ひどか~。





迷子

☆ ☆ ☆

>つづきへ・・・→くりっ句!

>前に戻る・・・→ばっ句!

>1句目から読む→1句目へ!

>20句目から読む→20句目へ!

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply