FC2ブログ

「落書きと俳句」で「絵俳句」? 自作の俳句をご紹介。「迷子」は俳号(俳句のペンネーム)で「まいご」と読みます。俳句の面白いとこだけやってます。ボクシングに対してのボクササイズみたいな、俳句エクササイズ。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句を目指す!

68句目・サンマで一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

CATEGORY
伯爵と呼ばれし男秋刀魚焼く
(クリックで拡大)


≪俳句の解説≫

秋刀魚、サンマは秋の季語、って有名です。

秋といっても俳句歳時記によれば、晩秋、いまの時期ですって。

昔は漁師の技術も、流通の技術も、どちらもいまより無くて、近所の海でとれた魚を食べるしかなくて、この時期、旬だから食べる、ではなく、「最近サンマしかとれないけど、うめーな」、って食べてたんだろうなぁ。

だから秋刀魚がうめぇ晩秋。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

通称・伯爵、通称・男爵もいた、あの路地。

伯爵はいまも、秋刀魚を焼いているんだろうか。




迷子


☆ ☆ ☆

>つづきへ・・・→くりっ句!

>前に戻る・・・→ばっ句!

>1句目から読む→1句目へ!

>20句目から読む→20句目へ!

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply