FC2ブログ

迷子の絵俳句日記

「落書きと俳句」で「絵俳句」? 自作の俳句をご紹介。「迷子」は俳号(俳句のペンネーム)で「まいご」と読みます。俳句の面白いとこだけやってます。ボクシングに対してのボクササイズみたいな、俳句エクササイズ。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句を目指す!

ARCHIVE

archive: 2019年12月  1/1

144句目、年末の日比谷公園で黒板俳句

空っぽの土鍋の底の冬の朝  迷子《俳句の解説》いつからだろう、楽しかった家飲みの翌朝ほど、食器を洗うのがだんだん淋しく、なんだか虚しくなって、耐えられなくなってきたのです。 ☆ ☆ ☆だからいまは早めに洗う。土鍋は水に浸けて流しに置くくらいまではする。決して、こたつの上に置きっぱなしでかぴかぴにさせたりはしないのだ。かぴかぴの土鍋の底に、冬の朝。《きょうの日常》7時起床。連日の尾竹橋通りウォーク(近く...

昨日の日記《浅草で年一回の吟行会でした!》

吟行(ぎんこう)とは・・・「この場所で2時間で、5句作りなさい」というルールで俳句をつくり、後に互選(選びあい)し、点数をつけるという・・・遊び・・・?もう何年もやってるとわからなくなるけれど、わざわざ休日に、必死に頭を使い、迫る終了時間(締め切り)に焦り・・・これって遊びなの?しかし、楽しいのです。そんな吟行当日の、●昨日土曜日9時起床。サボテン水やりから23日目。10時半 浅草・雷門前にて集合、年一回...

143句目・枯葉に俳句。都内を自転車散歩(徘徊)

「寄せ鍋や裸電球揺れてゐる」具の種類は少なくて部屋は狭くて暗くて貨物列車が通ると裸電球が揺れる部屋だったけれど、あの冬を懐かしく思い出すのです。《今日の日記》仕事納めの翌日。年末年始10連休の1日目、好きな時間に起きようと思ったけれど、ふだんとあまり変わらず9時起床。朝食と洗濯。サボテン水やりから22日目。冬晴れできもちちいが、一歩部屋を出ると強風。さむっ。 ☆ ☆ ☆11月、初冬の暖かい日が「小春日」なら...

【きょうの暦】足立区に入りました。「冬至」5日目。

きょう木曜は旧暦12月1日、二十四節気では「冬至」の5日目でした。気温は夜で8度。まだまだ極寒ではない、過ごしやすくはないけれど暖か。でもないけれど。「凍つ」という冬の季語を調べてみました。・風の凍、凍風(いてかぜ)なんて俳句では使われている場合もあるし、・凍雲の・・・・凍のなか・岳凍つる・頬凍つるとか、なかなか研ぎ澄まされた寒さが伝わります。・鐘氷る(かねこおる)は、鐘の音が凍っているようにきこえる...

【きょうも暦】「冬至」3日目。はしゃいでいない下町をウォーキング

《今日の暦》二十四節気では「冬至」の3日目。北極圏では白夜です。明日水曜、日中の気温が10度に達しない、急に真冬がやってきたぞい!「暖冬」よりはきっちり「真冬」を味わえるか、今年は。《昨日月曜日の日記》7時45分起床。サボテン水やりから17日目。小さい丸いの二つはそろそろ乾いてきた。(サボテンは目で育てる)退社後、「通り」を歩く〜尾竹橋通り編」をスタート。(本郷通編が終わったので)鶯谷駅前、「無料案内所」...

【きょうの暦】飛鳥山公園を歩く。

《最近の暦》日曜は「冬至」でした!一陽来復!これから昼間が長くなっていきますね。とはいえあと2か月ほど、寒さは厳しくなっていくのですが。黄葉していた銀杏の葉も、もう黄色というより茶色に近くなり、すっかり緑の色素が抜けているなぁ。「冬の夜」という季語は、寒さだけでなく、長くてなかなか夜が明けない、という長く暗い時間みたいなものの印象もあるなぁと、今年は冬至に思うのでした。《昨日の日記》11時起床。朝の...

142句目・枯葉に俳句を書いてみた

飽きられしおもちゃのチャチャチャ冬の星《俳句の解説》おもちゃを「飽きてしまう」のはいつも残念だった。子供の頃。おもちゃを買ってもらってうれしかった記憶は残っているが、いつごろ遊ばなくなり、捨てられてしまったのかは覚えていない。「コンバトラーV」超合金と別れたのは小1のときの引越しだったろうか。クリスマスも近い冬の星の下、思い出のおもちゃが行進しててくれてらいいなぁ。《昨日の日記》8時起床。サボテン水...

141句目【「小春風」で一句!】

今日は二十四節気で「大雪」。あと4日で「冬至」となりました。どうりで夕方暗ぇわけだ。最高気温 11度、最低気温 6度。まーまー。年明けて、1月2月に比べりゃ、まだまだあったけぇ。 ☆ ☆ ☆《俳句の解説》もう冬かぁと、思って重ね着して外に出ればなんだ、暖かいや小春風。公園で暇をつぶしている。となりの人はポッキーをかじっている。静かだ、明日から寒くなるか? ポッキーぽりぽり。☆ ☆ ☆《今日の日記》二日分の地...

140句目【公園の熊の前で一句!】

《俳句の解説》昔、お店のカウンターで一人鍋をやったことがあります。意外と・・・悪くない。なんだろう、一人キャンプに似た感じ?「きょうはここが自分のベースキャンプ!」的な、落ち着きがあったのです。どんな人も、孤独とどう付き合うか、向き合うか、からは離れられない。ならば、煙たがられてきょうは一人の鍋奉行も、自分だけの落ち着くスペースで落ち着いていたっていいじゃん。そんな、想いを込めてつくった句、だった...

【きょうの暦】「大雪」まぁまぁ寒くなってきましたよ。

今日は二十四節気で「大雪」の4日目。冬の真ん中「仲冬」に入りました。最高気温 14度、最低気温 7度。なので、風がなければまだそこまでは寒くない・・・という個人の感想です。先週から超地味な、あえて公開するほどかい、と思えるような日常のあれこれをSNSでアップして、ものすごく反響がないのですが、なんだか自分で面白く、こちらにもアップしてみます。たとえば先週金曜日の地味な日常は・・・8:00起床 鉢植えサボテン...