FC2ブログ

迷子の絵俳句日記

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

ARCHIVE

archive: 2019年05月  1/1

写真日記「五月を振り返るぱいぱい」【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

今年の立夏すぐの、いい夕焼け。いま5月28日あたりからこの6日ごろの夕日を見ると、「まだ、春の感じが残っとるなぁ・・・」と思います。そろそろ、暑さに身構えている。これも五月初旬の写真。ガードレールと建物の間にびっしりと咲く、田端のツツジ。夜のつつじのこの感じは、江戸情緒、というか、昭和の家電の模様、というか、子供の頃のばあちゃん家のカーテンな雰囲気です。季節とはまったく関係ないけれど、ぶらぶら散歩...

119句目「ビール」で一句【今日は写真俳句ブログ】

≪俳句の解説≫解説・・・するほどの内容もござんせん。2013年につくりました。別にうっぷんやストレスがたまっているから、ではなく、ふと、ああ、きょうはジョッキの中で溺れたい。と毎年思う日があるのです。きょうもそんな感じで、500cc缶を2本飲んでやったじょ。≪最近の暦≫いつのまにか、立夏から20日以上が過ぎ、二十四節気は「小満」(しょうまん)。生き物や植物や作物の成長が「少し」きわだってきた、ってな季...

写真日記「ち、乳房雲」【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

≪最近おどろいたこと≫先週、お気に入りの荒川土手を散歩してたら、「ごろごろ・・・」と雷の音、遠くの遠くでいなびかり。(降ってくるかっ?! ざぁっと)と身がまえ、少し急ぎ足に。とはいえここは荒川土手の歩行者・自転車向け舗装道路。雨宿りできるコンビニなどはない。ただし、道路や鉄道の橋がある。橋の下は濡れぬ。橋までダッシュ。しかし、降らない。いったん雷も止み、んで、しばらくするとまた「ごろごろ・・・」少し...

118句目・「トリセツ」で一句!【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

やたら路地の舗装のはげたところや、空き地や土手など、いわゆる「雑草ゾーン」にぴろぴろとオレンジの花、茎は細く、小さな火の玉のようで面白い・・・それにしてもこれは、なんぞ?君の名は?調べてみたところ、野生化した「ひなげし」のようです。江戸時代にヨーロッパから伝わった花で、ポピーの仲間とか。観葉植物の出なのに、野に下っても他の野生の草花に負けず、この晩春〜初夏に花を咲かせてるんですなぁ。。。毎年気にな...

117句目・「春月夜」で一句!【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

GW、なかなかに忙しく、ブログがとどこおってしまいました。やったことといえば・・・・空手のお稽古(筋トレ多目)・からの激しい筋肉痛。・ペットショップでひとめぼれ☆猫を飼いたいの巻・テントを建てる簡単なお仕事(バイト)・突然のアベンジャーズ ブーム(『アイアンマン』から復習)・『ハルク』を観る。・椅子やテーブルを並べる簡単なお仕事(バイト)・テントを撤収する簡単なお仕事(バイト)・・・主にバイトです。休...