FC2ブログ

迷子の絵俳句日記

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

ARCHIVE

archive: 2018年04月  1/1

下手イラストで絵俳句(4句目)【ツツジ】

どうも、迷子です。GWのはじまり、いい天気で気持ちいいですねぇ。今回の俳句日記は、先月土曜、近所の公民館で地域コミュティ(町会)の打ち合わせに参加中、ふと浮かんだ俳句を書きとめたものをご紹介します。↓(クリックで拡大します)まぁ、この句の良さはなにかといえば、ほぼ良さはないのですが、どんな状況でも、俳句を作ることはできる、ということ、また、何年経ってもこの句を見れば、この場のメンバーや雰囲気を思い...

下手イラストで絵俳句日記(3句目)【春の夢】(はるのゆめ)

迷子「どうも!迷子です。意識低い系の俳句ブログ、愉しんでいただけてますでしょうか??・・・・・さて今回の絵俳句・第3回の句は、2015年3月、鹿児島で作りました。もう3年前・・・・・僕が部長をやらせてもらってる俳句サークル「俳句を詠むならハイク王句会」に出した句です。」ヒヨコ「・・・・・ハイク王・・・・・つっこみどころが多いこのブログに、また珍妙なワードが出てきたYO!」迷子「ハイク王メンバーのみんな、...

下手イラストで絵俳句(2句目)【花衣】(はなごろも)

去年の春、東京で作った俳句です。「花衣」は「はなごろも」、「擬宝珠」は「ぎぼし」と読みます。橋の欄干、RA★N★KA★Nの上に立っている、あのGI★BO★SHI★!です!GI★BO★SHI★!季語【花衣】(はなごろも)春の季語、「花見のために女性が装う、晴れ着」と、歳時記にあります。江戸時代から、その前からかも、花見とすごく関係の深いことばだったのですねぇ。今の時代、そりゃ男だって着飾るやつはいるけれど、...

下手イラストで絵俳句(1句目)風光る

さて、きょうから「絵俳句日記」をはじめたいと思います。迷子です。「まいご」と読みます。俳句を作る時のペンネーム「俳号」(はいごう)です。最近の、そして過去につくった俳句とイラストを恥ずかしげもなく紹介しながら、日々の雑感をお届けしたいです。さて、初めて描き、初めてインターネットにアップする絵俳句は……こちらです!2013年春、鹿児島でつくった句でごわす。季語【風光る】春の季語。ちょっと冷たいけれど、もう...

絵俳句日記をはじめます。

No image

このブログはただいま準備中です。 公開は2018年4月25日ごろを予定しております。 しばらくお待ちくださいませ。...