FC2ブログ

迷子の絵俳句日記

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

CATEGORY

category: 冬  1/2

106句目・クマで一句!【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

あいかわらず、日記の内容と俳句と、まったく関係がないのですが・・・。昨日の絵日記と、先月、句会に出した俳句です。≪俳句の解説≫なんででしょうね、「熊」、冬の季語です。冬眠してるのに。ま、歳時記にのってる動物や魚の季語は、旬の季節に由来するものがあるので、そのひとつかもしれません。秋に命がけで仕留めた熊の肉を、冬を乗り切る栄養としていただく、そんな季節感が含まれているのでしょうか・・・。いずれにしても...

99句目・冬深くて一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

≪俳句の解説≫まー、きょうこの時期、立春は間近でありつつ、気温がとにかく低い。冬深し。なんて季語がありますが、「深々と冬」ってフレーズが、なんとなく浮かんだ 3年前の句。居酒屋の熱燗は、お銚子におちょこもいいけど、コップ酒がどーん、も好きです。学生時代を思い出します。なみなみ注がれているとなおうれしい。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇てな、コップ酒の話しはさておき、インフルエンザがはやっているのです。職場で。もう、...

98句目・カラスで一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

≪俳句の解説≫昼休み、会社の裏のローソンでパンを買って帰ると、マンションの壁を蹴り、いわゆる三角蹴りを繰り出すカラス。その先に、やはりカラス。空中ではげしくぶつかり、はらり、と目の前の道路へ着地する二匹。そうなれば区別もつかないカラスの一方が逃げ、一方はさらに追いかけ、印刷所の向こうへ消えていった。会社に戻ってランチを食べた。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇≪冬の季語≫春隣(はるどなり)。「あー、冬も終わりに近い、も...

「きょうのコヨミ2019年1/23」と「最近のさいくりんぐ」

迷子でやんす。きょうは最高気温10度、最低1度・・・まあまあの東京の真冬でやんす。先週土曜日、自転車で20kmくらいのとこにある「新松戸駅」をめざし、走りました。目的はこの上の、「キン肉マンスタンプラリー」のスタンプを押す、ため。スタンプ帳にスタンプを押し、それがだんだん埋まっていくのがたのしいので、一日で全駅を回る、という参加のしかたより、過程をたのしみたい。◇スタンプのある駅に向かう。◇無料の駐輪...

97句目・空港で一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

今年の冬のJR東日本スタンプラリーは、キン肉マン!首都圏63駅のスタンプをスタンプ帳に押すと、なにかもらえるぞ!いまのところ・・・○鶯谷駅:ミートくん○御徒町駅:キン肉王妃○渋谷駅:ナチグロン○上野駅:ロビンマスク○神田駅:カレクック○秋葉原駅:ステカセキングといったところ。6駅。原則、自転車か徒歩で回ります。去年のガンダムもそれでコンプリートしたし。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇それにしても、ガンダムといい、キン肉マン...