FC2ブログ

迷子の絵俳句日記

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

CATEGORY

category: グルメ  1/1

87句目・回転寿司で一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

≪俳句の解説≫まぁ、年末はなんだか気ぜわしく俳句のことなんかずっと忘れてて句会の当日にぱたぱたと俳句をつくる。いわゆるやっつけ句。の代表句をご紹介しました。5年前のものでした。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇回転寿司で流れる寿司を眺めていると、気持ちがはやり、どんどん頼まなきゃ、という気にさせられるけれどふと、耳を澄ませばクリスマスソング。ああ、今年が終わってゆくよ。和なのか洋なのか、不思議な空間でした。迷子☆ ☆ ☆...

81句目・鍋で一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

うーむ。カツカレーではなく、カレーとかつ丼。皿にかつ丼、その上にカレー。なんていうか、喧嘩はしてない。しかし、カレーのスパイシーな感じと、かつ丼のだしと脂のハーモニーが、ない。たとえるなら、ベテランのサッカー選手が二人、はじめて一緒にコートに立った。お互い、けんかはせず相性はいいのだが、どうしても譲り合ってしまう。いいボールが来ても、「どうぞどうぞ」と。結果、どちらもいいところを出せずに試合終了。...

80句目・おでんで一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

月や鳥や草花で一句、というのが正統派ですが、俳句をつくりやすいネタはやはり、人です。行儀がいいか悪いかはおいといて、おでん愛を全身で放っている、コンビニおでん立ち食いの方。を見て、勝手に一句。誰かを待ってることにさせてもらいました。時雨が冬の季語ですよ、なんていわれてもぴんとくるひとが少ない現代日本でも、「寒くなってきたらおでんだねぇ」とかよく聞くし、俳句をやらない人にも身近な季語です。しみじみし...