FC2ブログ

迷子の絵俳句日記

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

CATEGORY

category: 秋  1/3

69句目・ゾンビで一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

≪解説≫「虫時雨」は「むししぐれ」、秋の虫がリーリーコロコロ鳴いている最盛期のイメージの季語です。夏の「蝉時雨」と似ている、昆虫の大合唱。毎月参加している句会は、いわゆる「投票システム」により「みなが選んだ句」「選ばなかった句」が明らかになります。毎回、できるだけ「選ばれる句」をつくって句会に出したいとは思うのだけれど、ときどき「どうしてもふざけたい」「ふざけた句を出したい」という衝動に駆られます。...

68句目・サンマで一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

(クリックで拡大)≪俳句の解説≫秋刀魚、サンマは秋の季語、って有名です。秋といっても俳句歳時記によれば、晩秋、いまの時期ですって。昔は漁師の技術も、流通の技術も、どちらもいまより無くて、近所の海でとれた魚を食べるしかなくて、この時期、旬だから食べる、ではなく、「最近サンマしかとれないけど、うめーな」、って食べてたんだろうなぁ。だから秋刀魚がうめぇ晩秋。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇通称・伯爵、通称・男爵もいた、あ...

66句目・秋びより!【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

≪解説≫「秋日和」(あきびより)。この季節はまだ「暖かい」とは思わない。けれど、ひと月、ふた月後よりは暖かく、暑くもなく、過ごしやすい。風も晴天も気持ちいい。スーパーへ着く直前、なにか、冷蔵庫に足りないものがあったはずなんだけど、思い出せない。メモっておけばよかったなぁ。ま、いっか。迷子>つづきへ・・・→くりっ句!>前に戻る・・・→ばっ句!>1句目から読む→1句目へ!>20句目から読む→20句目へ!...

63句目・「台風が去って一句」【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

こんばんわっす。迷子です。昨日の絵日記をアップします。「サーフ・トリップ」は、そのまんま、サーフィンのための長期旅行らしいです。なんか、この絵日記形式だと、するする俳句がでてくるなぁ。いい、悪いは別にして・・・ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇さて、「きょうの暦」です。きょう10月2日(火)は、旧暦では8月23日。旧8月15日の十五夜から1週間経ちました・・・。雨ばっかりだったなぁ。台風も来るし・・・。二十四節気は「秋分」の1...

62句目・「車内のトラブル」で一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

木曜に書いた「絵日記」を土曜日にアップする。そんな彼岸過ぎ。朝の地下鉄でイライラした、そんな気持ちも俳句にしていきたい。季語「秋湿」(あきじめり)は、秋全体を通してつかわれる季語です。初秋のまだ夏の名残の蒸し暑さもあれば、仲秋、晩秋の、ひやっとしつつも湿った感じをいうこともあります。うーん・・・絵日記といえば、文字部分は鉛筆で書くイメージだったけど、こうしてみると、やっぱりペンか筆で書いたほうがい...