FC2ブログ

迷子の絵俳句日記

「落書きと俳句」で「絵俳句」? 自作の俳句をご紹介。「迷子」は俳号(俳句のペンネーム)で「まいご」と読みます。俳句の面白いとこだけやってます。ボクシングに対してのボクササイズみたいな、俳句エクササイズ。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句を目指す!

CATEGORY

category: 春  1/5

【156句目《黒板俳句》】「恋の猫」で一句!

《俳句の解説》去年のいまごろ、浮かんできた句です。郵便のおじさんを待つ猫の恋最近、実家で飼っていた猫は、たまに帰ってくる息子である私を、「自分のこども」と認識していたのではないか、と思うようになった。夏に、「セミとってきたから食べれ、セミをつかまえる練習をせよ」といわんばかりに、ひん死のセミを目の前に置かれたことがあったから。「猫の恋」は春の季語。発情期あおーん、というイメージだが、この句のような...

【きょうの暦】立春過ぎて、冷え込んで

《きょう金曜日の暦》きょう2月7日は、・「立春」の4日目。昼間、暖かい風が吹いたら「東風(こち)だ!」と思うことにする。・七十二候は「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」の4日目。・旧暦では一月十四日。・最近の気温は…小寒平均:最高10.6度 最低4.1度大寒平均:最高11.7度 最低4.4度立春気温 最高/最低 1日目 11.4度/4.8度 2日目 15.2度/2.4度 3日目 6.9度/1.4度《きょう金曜日の日常》8:25起床。サボテン...

118句目・「トリセツ」で一句!【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

やたら路地の舗装のはげたところや、空き地や土手など、いわゆる「雑草ゾーン」にぴろぴろとオレンジの花、茎は細く、小さな火の玉のようで面白い・・・それにしてもこれは、なんぞ?君の名は?調べてみたところ、野生化した「ひなげし」のようです。江戸時代にヨーロッパから伝わった花で、ポピーの仲間とか。観葉植物の出なのに、野に下っても他の野生の草花に負けず、この晩春〜初夏に花を咲かせてるんですなぁ。。。毎年気にな...

117句目・「春月夜」で一句!【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

GW、なかなかに忙しく、ブログがとどこおってしまいました。やったことといえば・・・・空手のお稽古(筋トレ多目)・からの激しい筋肉痛。・ペットショップでひとめぼれ☆猫を飼いたいの巻・テントを建てる簡単なお仕事(バイト)・突然のアベンジャーズ ブーム(『アイアンマン』から復習)・『ハルク』を観る。・椅子やテーブルを並べる簡単なお仕事(バイト)・テントを撤収する簡単なお仕事(バイト)・・・主にバイトです。休...

116句目・「たんぽぽ」で一句!【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

いや~、眠い。なんだか、もう、眠い。昨日、月曜夜、夜11時にテレビを観ていられずに寝て、気づけば朝8時に起きました。もう大人ですよ。それも50前後ですよ。「春眠」なんて季語あるけれどこりゃ、年をとるほど、効き目が増すタイプの魔法ですか?≪俳句の解説≫何年前につくったかもう、忘れてしまったけれど、日曜日、川の土手でぼんやり草野球を眺めて、意外と接戦で面白くて、そのまま、ただただ、知らない人たちの戦いを眺...