FC2ブログ

迷子の絵俳句日記

ザ・下手イラストな「絵俳句」で、自作の俳句を紹介します。「迷子」は、ぼくの俳号(俳句のペンネーム)で、「まいご」と読みます。「素材にこだわった高級おにぎり」的な伝統俳句も好きですが、自分が作りたいのは「究極のツナマヨおにぎり」的な俳句です! ネット俳人におれはなる!

CATEGORY

category: 未分類  1/7

70句目・茹で玉子で一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

≪解説≫「時雨」(しぐれ)は冬のはじめ、11月初旬の雨です。季節の変わり目の雨で、わりと毎年きちんと振ります。外を歩いていると、ぽつりぽつり、と顔に雨粒があたり、傘を差そうとすると止んだり、なんだか情緒不安定な雨模様。秋が深まるにつれ、そんな時雨に似た雨の日も増え、それが「秋時雨」(あきしぐれ)です。きょうなんかまさにそんな感じ。窓の外でそんな感じの雨が降る中、あ、と思いついて玉子を茹ではじめる。俳句...

67句目・店舗工事は小さいユンボを使ってらぁ【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

≪俳句の解説≫「キスミントが販売終了する」と、バナナマンが、ラジオ番組「バナナマンゴールド」で話していた。フリスクとかああいうカシャカシャするのに市場をとられたせいらしい。生産終了、在庫のみ販売。「そういわれると最後に買って噛んどくか」と思う気持ちも出てくる。というのといっしょだろうか、通勤路で廃業した店舗の解体工事をみれば、興味はなかったのに少し、寂しい気持ちになる。そんな路地で一方、この東京だか...

64句目・猫と秋【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

「秋寒」は10月から11月初旬の季語です。夏は暑い暑いといいながらにぎやかに、秋に入っても月見だ秋刀魚だと浮かれていた気分が少ししゅんとなる、そんな肌寒さ。人恋しくもなる感じ。猫はたいてい真顔ですが。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇コーヒー・チェーンの「カフェ・ベローチェ」の母体は株式会社シャノアール。フランス語でシャノアール「chatnoir」は「黒猫」。なので、黒猫フィギュアです。もうコーヒー2杯分のレシートたまったんで...

61句目・「コサックダンス」で一句【下手イラスト手がき絵俳句ブログ】

カレーうどんを食べました。近所のうどん屋さんで。920円!高い!しかしうまい。出汁とカレー粉となんだかチーズだかバターだかの乳成分を混ぜた秘伝のスープを温め、それを丁寧にざるで濾してどんぶりへ。いい麺といい鳥天ぷらがもう、深く深く、繊細で濃い、カレーの海へいざないます。うーむ。秋はカレーうどんか・・・。茶色いし、それでいいか・・・。連日の雨で、まったく観月できない分、そして肌寒くなってきたこの身に...

ほぼ週刊『今日の暦』と『秋の雷(らい)』 2018/8/29(秋・25%!)

おはよう。迷子だよ。『きょうの暦(こよみ)』だよ。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇きょう平成30年8月29日は、旧暦で7月19日。「立秋 8/7」から23日目、立秋→立冬が91日なので、23 ÷ 91= 0.2527 →25.3%ということで、「秋 25.3%」ですね。暑い、まだ夏だ~とかといいながら、暦では四分の一が過ぎとる。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇二十四節気では「処暑」の7日目です。処暑(しょしょ)は「暑いところ」って意味ではなく、「暑さ...